■田中仕事を始める決心

3年前の10月、ここエス・ティラインで
パート勤務を始めました。
仕事を始める前の心境は、
「社会経験が少ない、私は仕事ができるのだろうか?」
と、大きな不安を抱えておりました。
そんな心境でも、「やりながら慣れるものだよ」
の一言があり、始める決心がつきました。
はじめて、まもなくは、仕事とプライベートの
バランスがとるのが下手だったと思います。

■始めてからの気づきと変化

まず、「正しい言葉遣いが出来ていない」ことに
気づきました。
丁寧語・謙譲語・尊敬語の使い分けを
再度、学び直し、社会人1年目の方と
同じことをすることで、ビジネススキルの
基礎をたたき込みました。

初めは、電話に出ることが怖く、
聞き漏れや、伝え漏れ、ビジネス文章も書けず、
目の前のことで精いっぱいの日々でした。

仕事中の質問に関しては、特にタイミングが難しく
慣れない時は、質問の整理がつかないまま、
話しだしたりと、「自分自身を客観視する」
という経験がこんなに大切なん度と、
気づくことがありました。

慣れていないことだから、疲れるし、
できないのが当たり前なのに
そこばかりをフォーカスしてしまい、
出来ている部分を見ることができない一年目でした。

■日常ですぐに役立ったビジネススキル

私が、このエス・ティラインの仕事を
したかった理由の一つに
「ビジネスマナーなど基本を学ぶと、
日常生活や人づきあいがしやすくなるのでは?」
があったからです。

結果的に、家族、友人、ママとも、
子供の先生方とのやり取りが
シンプルで分かりやすいものとなり、
時間管理、やるべきことの優先順位もつけやすくなりました。

・メール
・電話対応
・雑談、傾聴
・正しい言葉遣いが身につき、子供のお手本にもなる
・役員、PTA活動、地域活動

*******************************************
パート2では、お仕事2年目の様子を
書かせていただきます。

2年目のゆとりと、課題、一歩先を読む
仕事の進め方について、求めらるスキル
を、まとめました。